ポケットwifi 無制限 au

「auのポケットwifiはいくら?」
「auのポケットwifiは無制限に使えるの?」
「無制限プランならauユーザーはどのポケットwifiを選ぶのが正解?」
スマートフォンのギガ数が心配になる人をはじめとして、ポケットwifiを使う人が増えてきています。
動画コンテンツも増え、よりギガ数が必要になってきたこともその理由です。
ここでは、ポケットwifiの無制限プランをどのように選べばよいのかについて、わかりやすく説明していきたいと思います。

 

2つの誤解

auとポケットwifiについて、以下の2つの誤解をしている人が少なくありません。
スマホがauだからauのポケットwifiしか使えない
auだからポケットwifiもauにしたほうが安くなる
(「自分は誤解していないよ」という方は、こちらをクリックするとスキップできます)

 

スマホがauだからauのポケットwifiしか使えない

例えば、よく街中で見かけるソフトバンクの「wifi使えます」という白い犬のステッカーが貼ってあるお店では、そのwifiを使ってauスマホでデータ通信をすることはできません。

 

しかしポケットwifiは話が別です。
スマホがauで、ポケットwifiはdocomoやソフトバンク、ワイモバイル、はたまたテザリングでもデータ通信はできます。

 

例えば友達がワイモバイルのポケットwifiを持っていたとして、友達からセキュリティーキー(端末固有の)さえ教えてもらえば、そのキーを自分のauスマホの「wifi」の設定のところにある「パスワード」に入力するだけで、そのポケットwifiを使ってインターネットに接続することはできます。

 

回線の会社が違うとwifiの電波も違うから使えないというわけではなく、セキュリティーキーで勝手に使えないようにしてあるだけです。

 

auだからポケットwifiもauにしたほうが安くなる

スマホがauだから、ポケットwifiもauにしたほうが安くなるというのは、半分正解です。
今からその「正解部分」のお話をします。
「正解でない部分」はこの後お話をしますので、もう少しお待ちください。(待てないという方はこちらをクリックすると該当箇所にジャンプします)

 

auの携帯電話ユーザーであれば、auと同じKDDIグループが運営しているポケットwifi「WiMAX」を同時に使うことで、au携帯電話料金から最大1,000円割引になるauスマートバリューmineという割引が受けられます。
(※最大934円と書いてあるサイトは情報が古いです)

 

割引額は以下の通り。
auピタットプラン2GBまで  500円
auピタットプラン20GBまで 1000円
auフラットプラン20/30 1000円
データ定額5/20/30 934円
データ定額2/3 743円
データ定額1 500円

 

UQ WiMAXの「ギガ放題プラン」は月額4,380円ですから、auスマートバリューmineで1,000円の割引があれば実質3,380円となり、業界最安値となります。
ですからこのケースでは、スマホがauならポケットwifiもauショップでUQ WiMAXを申し込んだ方が安いということになります。

 

auスマートバリューmineの割引額が934円以下の場合は?

ここからが、「正解でない部分」になります。
auスマートバリューmine割引が934円以下の場合は、事情が異なってくるということです。
UQ WiMAXの「ギガ放題プラン」の実質月額は割引額が最大でも4,380円 − 934円 = 3,448円となります。

 

一方、UQ WiMAXのプロバイダであり、月額料金が業界最安級で人気のBroad WiMAXであれば、「ギガ放題プラン」の月額料金は3,411円ですから、auショップでauスマートバリューmineが適用になった実質月額料金3,448円よりも安いです。

 

WiMAXを契約すればスマホのギガ数は最小にするのが普通ですから、かりにauピタットプラン2GBにすると、auスマートバリューmineの割引額は500円となり、UQ WiMAXの実質月額料金は3,880円(4,380 ? 500)で、さらにBroad WiMAX(3,411円)のほうが安いということになります。

 

つまり、1000円割引ならauスマートバリューmineを使って、UQ WiMAXに直接申し込むかauショップで申込んだ方が安いですが、それ以外ならBroad WiMAXのギガ放題プランのほうが安いということです。

 

スマートフォンの料金節約

WiMAXを買った後は、もしほとんど音声通話をしない方であればauスマホのSIMロックを解除して、かわりに格安SIMを申込んで、通信費を節約するというのも手です。

 

格安SIMは、auのスーパーカケホ等と違って、利用時間によって料金がかさみますから、よく電話をかけるという方には向いていませんが、連絡はほとんどLINEやSkype、メッセンジャーだという方は、格安SIMにすることで、大幅に料金を抑えることができます。

 

例えば、auピタットプラン(1GB)(スーパーカケホ)は月額3,480円ですが、格安SIMのJ:COMなら(0.5GB)で月額980円で済みます。

 

これにBroad WiMAXギガ放題プラン月額3,411円を足しても合計月額4,391円しかかかりません。

 

auフラットプラン(30GB)が月額8,500円で30GBが上限ですから、いかに安いかお分かりいただけると思います。

 

格安SIMとWiMAXの組み合わせは最強と言えます。